1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 有限会社ケイハウス

実力派工務店 有限会社ケイハウス

取締役 下山 勇志

建設業許可群馬県知事(般-27)第11742号
宅地建物取引業免許群馬県知事(2)第6994号
二級建築士事務所 群馬県知事登録 第4816号

高崎支店 高崎市上中居町1812-E
TEL.027-386-5955
本社・加工場 甘楽郡下仁田町馬山4335-5
E-mail shimoyama710t@gmail.com

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

自然素材と伝統の技、高度な意匠性が融合した「木と漆喰の家」

無垢の木と漆喰の白い塗り壁が美しく調和する「木と漆喰の家」。それがケイハウスがこだわる家づくりである。

構造材には気候風土に適した木を使うことで、柔軟で剛直な長寿命の家が建てられる。地元の西上州をはじめとする良質な県産材や国産材を仕入れ、じっくり時間をかけて自然乾燥させた木材のみを使用。地産地消の家づくりは「ぐんま優良木造住宅」にも適合する。

自社大工にこだわり、伝統技術の継承と若手職人の育成にも力を入れる。伝統工法である木組みは同社の得意とするところ。一本一本木と向き合い、匠の技で丁寧に木を刻んでいく。軸組工法の基本となる継手・仕口、柱や梁を引きつける長ホゾ・コミ栓といった手刻み加工によって、木が本来持つ力を最大限に引き出す。施主のニーズに合わせて、手刻みとプレカットの双方を生かした加工ができるのも同社の強みだろう。

構造材をダイナミックな現しにした空間設計は、真っ白な漆喰と相まって美しさが際立つが、単に構造の美を追求するためだけではない。呼吸する無垢材を空気に触れさせることで木が乾燥し、家を長持ちさせる効果があるという。

角波型ガルバリウムと塗り壁の和モダンな外観が庭の芝生と調和する。南面の大開口に寄り添う障子戸とぬれ縁が和の風情を演出。ヒノキ7寸角の通し柱や梁が現しとなった居間は開放的な吹き抜けで木の香りが漂う。

自然素材と伝統の技、さらに意匠性の高度な融合が同社の魅力。子どもの健康を気遣い、木と漆喰の家に関心を寄せる子育て世代の施主の依頼も年々増え続けている。自ら設計・デザインに携わる下山勇志社長は、木の家の意匠性を重視する。流行に左右されず、世代を超えて愛され続ける家づくりを信条とし、伝統の日本建築に現代的なエッセンスを加えた和モダンデザインを得意とする。そして機械に頼らない通風計画と深い軒で日差しをコントロールして光と風を取り込み、夏は涼しく冬は暖かい、省エネ性能の高いパッシブデザインを積極的に採用している。下山社長は「木の家に合う庭や外構のトータル提案もしていきたい」と抱負を語ってくれた。

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1054 12/13発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら