1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 有限会社ケイハウス

実力派工務店 有限会社ケイハウス

代表取締役 下山 勇志

建設業許可群馬県知事(般-2)第11742号
宅地建物取引業免許群馬県知事(3)第6994号
二級建築士事務所 群馬県知事登録 第4816号

高崎支店 高崎市上中居町1812-E
TEL.027-386-5955
本社・工場 甘楽郡下仁田町馬山4335-5
E-mail info_takasaki@keihouse1994.jp

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

伝統技術と現代意匠が融合した木と漆喰でつくる和モダン住宅

無垢の木と漆喰で仕上げるケイハウスの家づくり。良質な素材と伝統の技を継承しつつ、求められる高度な住宅性能と洗練された意匠性を追求し、それらが見事に融合した和モダン住宅を建築する。

とりわけ設計士の下山勇志社長が重視するのは、いっときの流行に左右されず、シンプルで世代を超えて長く愛される空間設計だ。基本となるのが真壁構法。現しにした柱や梁が真っ白な漆喰壁と相まって、無垢の美しさとぬくもり、そして力強さを際立たせる。構造材は常に空気に触れているため乾燥の良い状態にあり耐久性も高い。

また省エネ性の高いパッシブデザインへの取り組みは、日差しをコントロールする深い軒や機械力に頼らない通風計画によって光と風を取り込み、夏は涼しく冬は暖かい室内環境を創出。周辺環境に配慮したなじみのいい外観デザインは自然との調和を大切に設計され、開口を介して外と内が緩やかにつながる。

木材は、地元の西上州をはじめとする良質な県産材の生の木を仕入れる。製材後、時間をかけてじっくりと自然乾燥させた木材のみを構造材に用いる。自然乾燥は木が本来持つ粘り強さや香りを引き出す。主流となった人工乾燥で生じやすい内部割れの心配がなく、長寿命の家が建てられる。県産材を最大限に活用した、まさに地産地消の家づくりだ。

桜並木を背景に建つ板張りと塗り壁の外観。道路に面した南の開口部には目線を程よく遮る格子戸を採用した。高窓から光を取り込む明るく開放的な吹き抜けの居間は木のぬくもりにあふれ、併設する土間には薪ストーブが備わる。

木組みは同社が得意とする伝統工法で、若手職人の育成にも力を入れている。代表格の継手や仕口、柱や梁を引きつける長ホゾ、コミ栓など、自社大工職人が木と向き合い、丁寧に手刻みした木材には、プレカットでは表現できない美しさがある。通し柱は2間間隔で配置し、柔軟かつ剛直に組み上げた構造体は、全棟において構造計算され、耐震等級3の安全性が証明されている。

技術力と設計力を併せ持つケイハウスの心地よい空間は、完成見学会で体感できる。予約制のため相談窓口の高崎支店へ問い合わせてみよう。

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1191 9/23発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら