お気に入り 工務店カタログ
無料プレゼント
建設会社
(株)横山建設
延床面積
93.98㎡(28.42坪)
工法
木造軸組工法
竣工
2023年6月

平屋に調和する造作ガレージ

南面に広がる畑を望む平屋の松田邸は、ベージュ色の塗り壁に緩やかな切妻屋根をのせた落ち着きのある外観。併設するガレージは造作によるもので、既製品では味わうことのできない建物との一体感が特徴だ。建築した横山建設は、和モダン住宅を得意とし、職人の確かな技術で端正な木の家を造る。

神奈川県でマンション暮らしをしていた施主の松田さんご夫妻は、ご主人の定年を機に、憧れのスローライフを実現するため、奥さまの実家のある本県に移住を決意。ネット検索で地場の工務店を探し、数社ある候補の中から同社を選んだ。決め手となったのは、数々の要望に応える頼もしい提案力で、揺るぎない信頼関係を築けたからだ。

景観と居心地のよさを重視

ご夫妻の理想は既製品に頼らない木の家。室内は間仕切りのない伸びやかなワンフロア。勾配天井と床に無垢板を張り、建具や家具に至るまで職人の手作業が光る。くつろぎのリビング空間には縁なし畳に掘座卓を設け、コーナーには念願の薪ストーブを導入した。大きな開口部にはオーダーメードの木製サッシを採用。潤沢な陽光を取り込み、野菜畑の風景を眺められる。連続するウッドデッキは、ご主人が農作業の合間にひと休みできる憩いの場だ。

介護現場に従事していた奥さまは、やがて迎える老後に備え、段差をなくし、スロープや手すりを設け、動線をシンプルにするなどのバリアフリーを希望した。

憧れのスローライフ

「とにかく家の中が暖かい」とご夫妻は喜ぶ。無垢板の床のぬくもりが心地よく、冬でも素足で歩ける。建物の断熱性が高いから夏はエアコン1台で十分。窓を開けると風通しも良く快適という。昨年6月から新居で暮らし始め、セカンドライフを満喫しているご夫妻。「朝早く起きて家の前の畑で作業をして、昼に戻って食事をしたら5時までまた畑。あとはお風呂に入ってゆっくり。夜に薪ストーブの火を見るのが楽しみ」と、ご主人は一日のルーティーンを明かす。「物はなるべく増やさず、育てた野菜を食べて健康でシンプルな暮らしを続けていけたら」と、奥さまも平穏な日々を楽しんでいる。

この家を建てた建設会社Constructor

(株)横山建設
電話でお問い合わせ
営業時間
8:00~18:00 日曜・祝日休み
本社所在地
安中市板鼻249-1

この家を建てた建設会社の施工事例Works

イベント情報Event

一覧に戻る

友だち追加で
最新情報が届く!

すみかくらぶ
公式LINEアカウント