1. トップ>
  2. 快適住まいのサポーター>
  3. 住宅金融支援機構 首都圏広域事業本部 地域業務第二部

快適住まいのサポーター
資金関連

お客さま
コールセンター
0120-0860-35
※ご利用いただけない場合は、048-615-0420へ(有料)
営業時間 毎日9:00〜17:00
(祝日、年末年始を除き、土日も営業しています。)

制度見直しの詳細はこちら

【フラット35】で「安全な資金計画」をサポート!

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携し、全期間固定金利住宅ローン【フラット35】を提供している。住宅ローンには、全期間固定金利型、固定金利期間選択型、変動金利型の3つの代表的なタイプがある。固定金利期間選択型や変動金利型は金利情勢により返済額が大きく変化するリスクがある。長期の金利動向を予測するのは難しく安定した返済計画が立てにくい。

一方【フラット35】は、全期間固定金利型である。そのため、借り入れたときに、完済までの返済額が確定することから、家計の収支計画が立てやすくなる。

省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅や、長期優良住宅など、質の高い住宅を取得する場合には【フラット35】の金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sという制度があり、住宅ローンの返済額を軽減することができる。

さらに、子育て支援、UIJターン、空き家対策などに取り組む地方公共団体と機構が連携し、地方公共団体からの住宅取得に関する補助金交付などの財政的支援と併せて、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度として、【フラット35】地域連携型もある。

詳細はフラット35サイトにて確認できる。

【フラット35】Sおよび【フラット35】地域連携型には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了する。
受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイトでお知らせする

【フラット35】地域連携型は、地方公共団体が住宅金融支援機構と連携している場合に利用できる。金融機関へ申し込む前に、住宅を取得する地域の地方公共団体が住宅金融支援機構と連携していることを確認。

すみかくらぶから

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携して長期固定金利住宅ローンを提供しているほか、住宅金融公庫時代から、「技術基準」を定め住宅の品質向上を図ってきた。良いものを長く大事に使う、という家づくりの大きな潮流にそった動きだと言えよう。