1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 神宮木材

実力派工務店 神宮木材

代表取締役 神宮 力

建設業許可群馬県知事(般-1)第184号
宅地建物取引業免許群馬県知事(3)第6932号

住所 北群馬郡吉岡町下野田933
TEL 0279-54-3860
FAX 0279-54-7775
E-mail jingu-m@sea.plala.or.jp

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

独自工法の遮熱と換気で快適に暮らす自然流の無垢の家

吉岡町を拠点に、地域に根差した家づくりに力を注ぐ神宮木材。創業時が材木商という経歴から、自然乾燥させた木材が眠る自家倉庫を所有する。2代目の神宮力代表は無垢材に対する造詣の深さも格別。信頼のおける地元職人とともに、木の持ち味を存分に生かした高性能な家を建築する。樹種を適材適所に使い分け、がっしりとした構造はもちろん、造作にも無垢材を活用。内装には漆喰や珪藻土などの自然素材を取り入れた「自然流」を基本としている。

「暗い家はつくらない」と神宮代表がこだわる家づくりは、大きな窓から自然の光や風を取り入れて心地よく暮らすパッシブデザイン志向。健康で快適な省エネ住宅を追求し、たどり着いたのが、できる限り機械力に頼らない「自然流遮熱健康住宅」だ。

建物全体を熱の反射率に優れたアルミ純度99%の「高性能遮熱メタルシート」を用いてすっぽり包み込む。夏は外部からの熱を遮り、冬は内部の暖気を逃さないという仕組み。さらに夏場は基礎に配した風窓を開放し、床下から小屋裏まで壁体内に涼しい空気を通す。室内にも「風の通り道」を設け、熱気を排出する工夫が施されている。そのため最小限のエアコンで快適な住み心地を実現している。

大開口から日差しを取り込む開放感あふれるLDKは床にサクラ、天井にはスギを張り、壁面の一部にアクセントで外壁材を採用。太陽光パネルと蓄電地を導入した省エネ住宅。

建物応急危険度判定士の資格を持つ神宮代表の責任ある家づくりは、安心感があって心強い。地震に対する備えとして、産学連携の開発による「制振オイルダンパー」を採用。地震の揺れを制御して連続するような大地震に対しても有効に作用し、被害を最小限に抑えられるというもの。構造には火打梁を入れ、より強度を高めるために用いた金物はあえて隠さない。

神宮代表の提案力も見逃せない。3Dソフトによる立体的な空間デザインを家具まで配置させて提示することで、イメージが明確に伝わると施主に喜ばれている。

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1207 1/20発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら