1. トップ>
  2. 快適住まいのサポーター>
  3. (一社)群馬県木材組合連合会 ぐんま優良木材品質認証センター ぐんま優良木材認証工場連絡協議会

快適住まいのサポーター
住まいの情報関連

住所 前橋市西善町524-1(木材振興センター内)
TEL 027-266-8220
FAX 027-266-8223
ぐんまの木で家づくり支援事業のご案内
  • 構造材補助
  • 内装材補助
地図

「ぐんま優良木材」とは群馬県内産の合法な素材丸太等(合法木材)を原材料とし、「ぐんま優良木材品質認証センター」が定める基準に適合している製材品のことをいいます。

県産木材の家づくりを支援

地域の気候の中で長い年月をかけて成長した木は、その地域の気候に合った耐久性の高い木となる。地元の木を利用することで間伐などの手入れが進み、森林の維持とともに、自然環境や私たちの生活を守ることにつながる。地元の木で家を建てることは、森にも人にもやさしい。

県では2007年度から、「ぐんま優良木材」を使った家に対して助成する制度「ぐんまの木で家づくり支援事業」を実施。県産材の利用を促進し、林業・木材産業の振興を図るとともに、地域工務店の受注機会拡大を支援している。

2020年度は、次のように大きな見直しが行われた。

①在来軸組工法の構造材補助の対象は、ぐんま優良木材使用割合が90%以上のものに限定された。

②90%以上に適用されていた加算措置が廃止された。これにより県産材使用量の6区分の各段階で、補助額が前年より5万円下がった。

③事業規模が前年比6割減と縮小され、募集戸数は、構造材の在来軸組工法は300戸、2×4工法は10戸、内装材は50戸となった。

平成30年度までの12年間で、同事業により、構造材8,165戸、内装材698戸が建設され、同事業への応募は後を絶たない。

本県の森林は、戦後植林された木が住宅に適した高付加価値の木材に育っている。「伐採→木材利用→植樹」の好循環を促し、地球環境を守るためにも、県産材を使った家づくりへの期待は大きい。群馬県木材組合連合会は「ぜひ、制度を利用して、ぐんまの木のぬくもりに包まれた家を」と呼びかける。

「ぐんまの木で家づくり支援事業」への申し込みは、上棟の1カ月前が目安。相談受付は、月曜日から金曜日(祝日を除く)の午前8時30分から午後5時まで。

構造材補助

「ぐんま優良木材」を構造材に一定以上使った新築住宅の建設・購入への補助です。
対象となる住宅は、在来軸組工法または枠組壁(2×4)工法による住宅です。

■補助金額「ぐんま優良木材」の構造材使用材積に応じて下表の通り

工法区分 補助区分
ぐんま優良木材構造材使用材積(㎥)
補助金額(円)
ぐんま優良木材使用割合
90%以上
在来軸組工法 ①7.5㎥以上〜10㎥未満 10万円
②10㎥以上〜15㎥未満 20万円
③15㎥以上〜20㎥未満 30万円
④20㎥以上〜25㎥未満 40万円
⑤25㎥以上〜30㎥未満 50万円
⑥30㎥以上〜 60万円
2x4工法 35%以上 15万円(定額)
工法区分(在来軸組工法)
補助区分
ぐんま優良木材構造材使用材積(㎥)
① 7.5㎥以上〜10㎥未満
② 10㎥以上〜15㎥未満
③ 15㎥以上〜20㎥未満
④ 20㎥以上〜25㎥未満
⑤ 25㎥以上〜30㎥未満
⑥ 30㎥以上〜    
補助金額(円)
ぐんま優良木材使用割合
90%以上 90%未満
① 15万円 ① 10万円
② 25万円 ② 20万円
③ 35万円 ③ 30万円
④ 45万円 ④ 40万円
⑤ 55万円 ⑤ 50万円
⑥ 65万円 ⑥ 60万円
工法区分(枠組壁工法)
7.5㎥以上かつ35%以上
15万円(定額)

■募集戸数:310戸(先着順)

内装材補助

「ぐんま優良木材」を内装材に10㎡以上使った新築住宅の建設・購入または現在住んでいる住宅の改修への補助です。
対象となる住宅は、木造に限りません。マンション等の非木造住宅のリフォームにも利用できます。

■補助金額:最大15万円/1棟

・内装材3,000円/㎡
・建具(引戸等)3,000円/㎡
・建具(開き戸)11,000円/㎡

■募集戸数:50戸(先着順)※構造材補助との併用はできません。

すみかくらぶから

群馬県木材組合連合会、ぐんま優良木材品質認証センター、ぐんま優良木材認証工場連絡協議会は、木のぬくもりあふれる「木材振興センター」にある。同センターは気軽に木とふれあい、木について学べる施設。ぐんまの木で家を建てたい方は、気軽に立ち寄ってみてはどうだろうか。