1. トップ>
  2. 快適住まいのサポーター>
  3. 群馬県住宅供給公社 ぐんま住まいの相談センター

快適住まいのサポーター
住まいの情報関連

住所 前橋市紅雲町1-7-12(住宅公社ビル1F)
TEL 027-210-6634
E-mail center@gunma-jkk.or.jp
住まいに関する様々なご相談にお応えします。お気軽にお立ち寄りください。
所在地
〒371-0025
前橋市紅雲町一丁目7番12号(住宅公社ビル1F)
TEL
027-210-6634
FAX
027-223-9808
営業日
月曜日〜日曜日
営業時間
8:30〜17:15
休業日
祝日(土・日曜日にあたる場合は、営業いたします) 年末年始
①住まいに関する情報発信住宅関連図書の貸し出しやパンフレットの配布、新築・リフォーム業者のご紹介を行います。また、住まいに関する有益な情報をメールマガジンにて定期的に配信しています。
②専門家による住まいの相談会面談及び電話による一般相談のほか、建築や法律、不動産における各分野の専門家による無料住宅専門相談会を毎月開催。無料出張住宅相談会も年に数回行っています。
③住まいに関する普及啓発のためのセミナー、イベントの開催より快適な住まいづくりのため、「住まいづくりの勉強会」や「高齢者疑似体験会」など、住まいをテーマにしたさまざまなイベントを定期的に開催しています。

県民のための住まいに関する総合情報窓口

ぐんま住まいの相談センターは、これまで「安心・信頼」をキーワードに、県民の住まいづくりのパートナーとして、住まいに関する様々な情報提供や相談業務を手がけてきた。傾斜の異なる階段をはじめ、各種住宅設備機器や住宅関連パンフレットなどの展示、関連図書の閲覧と貸し出しを行っている。さらに、新築やリフォームを計画している方のための専門業者の紹介のほか、住宅設備機器を利用した高齢者の心と体の変化を体験できる高齢者疑似体験会(写真)も開催。将来を見据えた“理想の住まいづくり”にぜひ役立ててほしいと、一人でも多くの方の体験を呼びかけている。

同センターにおける中核業務としての相談業務は、各分野の専門家による相談会を中心に、県民からの多様な相談に対応している。例えば、住宅建設に関する請負契約の解除、施工業者の倒産、また、賃貸住宅における退去時の原状回復、敷金返還など住まいに関わる問題は数多く、これらの相談に対し、職員が面談と電話で中立的な立場から個別に対応してくれるので、より信頼度の高いアドバイスを受けることができ、住まいの悩みを抱えている人にとっては力強い味方となるだろう。

また、2012年から空き家・住みかえ支援の総合相談窓口として、県とタイアップし、空き家活用に関する相談業務もスタートさせた。

ほかにも、県民の皆さまがより安心して住まいを手に入れることができるよう、住まいづくりセミナーや勉強会を定期的に開催。また、住教育をテーマにした親子で楽しめるさまざまなイベントをNPOなどと連携して企画・実施しており、これまでに「お菓子の家づくり」や「楽つみ木2万個でつくる未来都市」、竹シェルターつくりワークショップ、「つくろう夢の町」ぺったんこスタンプワークショップ、防災体験プログラム「イザ!カエルキャラバン!」(写真)などのイベントを開いて好評を得ている。

高齢者擬似体験の様子
高齢者擬似体験の様子
体験コーナー
体験コーナー

同センターではこうした活動を今後も積極的に推進し、県民のニーズに的確に対応した真に利用しやすい仕組みづくりを目指していく方針だ。

ぐんま住まいの相談センターにおける相談業務

常設相談 センター専任スタッフの面談および電話による一般相談(毎日)
無料住宅専門相談会 建築・法律・不動産の各分野の専門家による相談会(毎月)
無料出張住宅相談会 上記分野の他、税金、登記、融資、マンションを加えた専門家が一堂に会し県内の会場で開催(年に数回)

すみかくらぶから

より良い住まいづくりを目的に県民への情報提供や相談のために設けられた「ぐんま住まいの相談センター」は、住まいづくりに関するさまざまな問題を扱い、豊富な情報を元にサポートしている。
特に住宅に関する補助金に関しては、申請手続きや認定資格が複雑なので、近年相談件数が増えている。