1. トップ>
  2. 快適住まいのサポーター>
  3. 住宅金融支援機構 首都圏広域事業本部 地域業務第二部

快適住まいのサポーター
資金関連

お客さま
コールセンター
0120-0860-35
営業時間 毎日9:00〜17:00
(祝日、年末年始を除き、土日も営業しています。)
マイホーム取得をご検討中のみなさまへ だから私たち、【フラット35】に決めました!

お気軽にお電話ください。土日も営業しています。
営業時間:毎日9:00〜17:00(祝日、年末年始を除きます)
※ご利用いただけない場合は、048-615-0420へ(有料)

※1 長期優良住宅等、質の高い住宅を取得する場合に金利を一定期間引き下げる制度【フラット35】Sにより住まいづくりを応援します。
※2 子育て世帯の皆さまが地方公共団体(*)の子育て支援の補助金等を受けられる場合には、フラット35の金利も一定期間引き下げとなります。
*対象とする地方公共団体は、平成30年1月現在、前橋市及び中之条町です。

《借入れに当たっての注意事項》 ●【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する全期間固定金利住宅ローンです。お申込みは、取扱金融機関となります。詳細はフラット35サイト(www.flat35.com)でご確認ください。●借入額は100万円以上8,000万円以下(1万円単位)で、建設費または購入価額(非住宅部分を除く。)以内となります。また、年収等、審査の結果によってはご希望の借入額まで借入れできない場合があります。●借入金利は、資金受取時の金利が適用となります。●住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることについて、検査機関または適合証明技術者による物件検査を受ける必要があります。あわせて、新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。物件検査手数料はお客さま負担となります。物件検査手数料は、検査機関または適合証明技術者により異なります。●【フラット35】Sと【フラット35】子育て支援型には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイト(www.flat35.com)でお知らせします。●【フラット35】子育て支援型の利用については、補助金等を交付する地方公共団体が発行する「【フラット35】子育て支援型利用対象証明書」の交付を受けることが必要です。●【フラット35】Sと【フラット35】子育て支援型は、借換融資には利用できません。●融資手数料、抵当権の設定費用(登録免許税、司法書士報酬等)、物件検査手数料、火災保険料等はお客さま負担となります。●説明書(パンフレット等)は、お申込みを希望する取扱金融機関で入手できます。(平成30年1月現在)

【フラット35】で「安全な資金計画」をサポート!

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携し、長期固定金利住宅ローン【フラット35】を提供している。住宅ローンには全期間固定金利型、固定金利期間選択型、変動金利型の3つの代表的なタイプがある。このうち、固定金利期間選択型や変動金利型は金利情勢により返済額が変わる。長期の金利動向を予測するのは難しく、安定した返済計画が立てにくい。一方、全期間固定金利型の【フラット35】は借入れ時に完済までの返済額が確定するため、長期にわたり安定した返済を続けることが容易であると言えよう。

さらに省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得する場合には【フラット35】の金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sという制度があり、住宅ローンの返済額を軽減することができる。

昨年7月からは、前橋市と中之条町と協定を締結し、両自治体が実施する子育て世代やUIJターンでの住宅取得への補助金交付と併せて借入金額を一定期間下げる子育て支援型・地域活性化型がスタートした。

昨年10月からは【フラット35】が団体信用生命保険付きの住宅ローンにリニューアル。団体信用生命保険(団信)は住宅ローン契約者に万が一のことがあった場合、その時点の残高を全額完済できる保険だ。この団信の特約料が月々の返済金の中に含まれ、使い勝手が良くなっている。保障内容も契約者が亡くなられた場合だけでなく、身体障害者手帳(1級または2級)の交付と関連付けられ、より充実した。また、3大疾病付機構団信の場合、3大疾病、身体障害保障に加え、公的介護保険制度の要介護2以上となった場合もローン残高を保険金で完済できるようになった。

※【フラット35】Sおよび【フラット35】子育て支援型・地域活性型には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了する。
受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイトでお知らせする。

すみかくらぶから

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携して長期固定金利住宅ローンを提供しているほか、住宅金融公庫時代から、「技術基準」を定め住宅の品質向上を図ってきた。良いものを長く大事に使う、という家づくりの大きな潮流にそった動きだと言えよう。