1. トップ>
  2. 快適住まいのサポーター>
  3. 住宅金融支援機構 首都圏広域事業本部 地域業務第二部

快適住まいのサポーター
資金関連

お客さま
コールセンター
0120-0860-35
営業時間 毎日9:00〜17:00
(祝日、年末年始を除き、土日も営業しています。)
84万組のお客さまに【フラット35】をご利用いただきました。さぁ、あなたも!

※平成15年10月から平成28年12月までの資金の受取組数

お気軽にお電話ください。土日も営業しています。
営業時間:毎日9:00〜17:00(祝日、年末年始を除きます)
※ご利用いただけない場合は、048-615-0420へ(有料)

《借入れに当たっての注意事項》 ●【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する全期間固定金利住宅ローンです。お申込みは、取扱金融機関となります。詳細はフラット35サイト(www.flat35.com)でご確認ください。 ●取扱金融機関または住宅金融支援機構の審査の結果によっては、お客さまのご希望にそえない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 ●借入額は100万円以上8,000万円以下(1万円単位)で、建設費または購入価額(非住宅部分を除く)以内となります。また、年収等、審査の結果によってはご希望の借入額まで借入れできない場合があります。 ●借入金利は、資金受取時の金利が適用となります。 ●住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることについて、検査機関または適合証明技術者による物件検査を受ける必要があります。あわせて、新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。物件検査手数料はお客さま負担となります。物件検査手数料は、検査機関または適合証明技術者により異なります。 ●説明書(パンフレット等)は、お申込みを希望する取扱金融機関で入手できます。

【フラット35】で「安全な資金計画」をサポート!

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携し、長期固定金利住宅ローン【フラット35】を提供している。住宅ローンには、全期間固定金利型、固定金利期間選択型、変動金利型の3つの代表的なタイプがある。固定金利期間選択型や変動金利型は、金利情勢により返済額が大きく変化する。長期の金利動向を予測するのは難しく、安定した返済計画が立てにくい。一方【フラット35】は、借り入れた時に完済までの返済額が確定するため、長期にわたり家計の収支計画を立てやすくなる。さらに、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に【フラット35】のお借入金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sという制度があり、住宅ローンの返済額を軽減することができる。

また、住宅ローンは通常、長期間(約20〜35年)かけて返済していく。この期間には、住宅ローンの返済だけでなく、子供の成長に伴う教育費、住宅の修繕といったさまざまな出費が必要になることや、老後の生活資金を蓄える期間であることも忘れてはならない。住宅ローンを利用する際には、将来、支出増加や収入減少があっても安心して返済を継続できる家計の資金計画を立てておくことが重要だ。

そのために活用したいのが、フラット35サイトで提供している「資金計画シミュレーション」だ。住宅ローンの返済計画をはじめ、毎月の家計収支や将来のライフイベントを踏まえた貯蓄残高の推移が、表やグラフでわかりやすく表示される。誰でも無料で簡単に利用できるので、ぜひ役立ててほしい。

※【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了する。
受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイトでお知らせする。

すみかくらぶから

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携して長期固定金利住宅ローンを提供しているほか、住宅金融公庫時代から、「技術基準」を定め住宅の品質向上を図ってきた。
良いものを長く大事に使う、という家づくりの大きな潮流にそった動きだと言えよう。