1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. マルヤマ工務店

実力派工務店 マルヤマ工務店

代表 丸山 磨

建設業許可群馬県知事(般-28)第20075号

住所 前橋市総社町総社2688-1
TEL 027-210-7368
FAX 027-210-7369
E-mail densho-maruyama@kmj.biglobe.ne.jp

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

古民家再生で想像以上のクオリティーと喜びを施主に提供する

近年、古民家再生の実績を数多く挙げ、古民家所有者や古民家愛好家から注目を集めるマルヤマ工務店。丸山麿代表は、正統的な日本建築の伝承技術を身につけ、自然素材の家づくりを続ける一方、古民家鑑定士1級資格を持ち、群馬県古民家再生協会に所属する。

古民家再生を手がけ既に15年以上になり、数多くの実績から古民家に関する広範で深い知識と技術力を磨き上げ、施主の「残したい」という思いに応えてきた。施主にとっては建て替える方が楽な場合も多いのが事実だが、なんとか残したいと考える人もいる。「残したいけれど、その方法が分からない人は、まずは相談を」と丸山代表は呼びかけている。

依頼があれば相談に応じるのはもちろん、自ら縁の下や屋根裏を詳細に調査し、土台や耐震性能などを改修によって再生できるか検討する。

再生可能なら、空間の再構築を含めてプランを詰める。施主の事情・要望により、まるごと1棟を再生することもあれば、部分的な再生も可能だ。前者なら一度解体し、引き続き使用できる素材を見極め、傷みが激しい木材は新たな無垢材に替える。基礎の改修も含め、耐震性能を強化する。丸山代表は、「味わい深い古民家を現代の暮らしに適合させるため、使える素材を可能な限り残しつつ、暗さ、寒さ、使いづらさなどのデメリットを克服します」と語る。天窓や吹き抜けを造って明るさを確保し、土壁や漆喰を生かしつつペアガラス入りの木製窓で寒さ対策とするほか、骨格だけ生かす場合には生活動線など間取りから検討する。バリアフリー仕様は新築時と同じである。

外観は元の家屋の特徴により、漆喰メインか木材を生かすか判断する。室内は古材を生かしつつ、新しい無垢材を合わせる。写真の建物では、ダイナミックな土間玄関を見せ場にした。薪ストーブは古民家によく似合う。

古民家の寒さ対策の一つとして薪ストーブを推奨し、長野県松本市の製作工房「エイトノット」製の薪ストーブを採用する。高い耐久性と頑丈さ、簡単な操作、オーブン標準装備などの魅力があり、古民家ライフを一層豊かにしてくれるだろう。

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1191 9/23発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら