1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. マルヤマ工務店

実力派工務店 マルヤマ工務店

代表 丸山 磨

建設業許可群馬県知事(般-28)第20075号

住所 前橋市総社町総社2688-1
TEL 027-210-7368
FAX 027-210-7369
E-mail densho-maruyama@kmj.biglobe.ne.jp

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

快適な生活環境を実現する古民家再生の実績多数

正統的な日本建築の伝承技術を身に付けた丸山麿代表が率いるマルヤマ工務店は、無垢材をふんだんに用いた家づくりと同時に、近年では古民家再生の実績を数多く挙げている。丸山代表は、古民家鑑定士1級の資格を持ち、群馬県古民家再生協会にも所属する。古民家に関する広範で深い知識をベースに、これまで築き上げてきた技術力を駆使し、施主の「残したい」という思いに応える。

古民家は伝承技術の宝庫であり、存分に同社の力量を発揮できる舞台だ。依頼があれば、丸山代表自ら縁の下や屋根裏などを詳細に調査し、土台や耐震性能など残せるかどうかを検討する。再生できると判断すれば、空間の再構築を含めてプランを詰める。

施工はまるごと1棟なら、一度解体し、引き続き使用できる素材を見極め、場所によっては新しい無垢材に替える。基礎の改修なども含めて耐震性能を強化する。

古民家の弱点として「暗い」「寒い」「使いづらい」がある。「暗い」に対しては、天窓や吹き抜けを造る。寒さ対策は、土壁や漆喰を生かしつつペアガラス入りの木製窓で対応する。「使いづらさ」は、随所に最新設備を採用するとともに生活動線は現代的な暮らしに合致したものに変える。もちろんバリアフリーとする。

黒光りした美しい古材の再利用と新たな無垢材とのコンビネーションが良好だ。間取りについては、施主の要望やライフスタイルに合わせ、旧宅を踏襲することもあれば、ガラリと再構築する場合もある。

「使える素材は可能な限り再使用して古民家の味わいを残しつつ、快適に暮らせるよう古民家の弱点を解消することが大切ですね」と丸山代表は話す。

古民家を暖かくする手段の一つとして薪ストーブがお勧め。同社では長野県松本市にある薪ストーブ製作工房「Eight Knot(エイトノット)」と販売提携。針葉樹の間伐材を燃料にでき、高い耐久性と頑丈さを持ち、簡単な操作性、標準装備のオーブンなど独自性の高い薪ストーブは、古民家ライフを一層豊かにするはずだ。

古民家の再生を考えている人は、一度丸山代表に相談してみよう。

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1087 8/22発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら