1. トップ>
  2. すみか建築家くらぶ>
  3. 横堀 将之

すみか建築家くらぶ

横堀 将之

技術の進歩が一つの節目を迎えた昨今、人が人らしく日々を豊かに送れること、楽しめること、一方できちんと悲しめること、といったことがより大切になったと思います。
人間回帰、自然回帰をキーワードに、「暮らし」を設計することを大切にしています。

(株)米田横堀
建築研究所

住所 前橋市本町1-6-16
TEL 027-223-1222 URL http://www.y-archi.co.jp
FAX 027-223-1551 E-mail yokobori@y-archi.co.jp
プロフィール
1981年
群馬県玉村町生まれ
2012年
つづく家「ぐんまの家」設計・建設コンクール 優秀賞
2014年
ひかりの家「ぐんまの家」設計・建設コンクール 特別賞
ゆるまる家「ぐんまの家」設計・建設コンクール 優秀賞
2015年
株式会社米田横堀建築研究所 代表取締役就任
2017年
山河の家「ぐんまの家」設計・建設コンクール 最優秀
作品

外観

草屋根の家

烏川の畔、出来るだけ自然に近づいて住むための家です。家の南には菜園が広がり、北には芝生が広がります。屋根には緑が茂り、晴れた日には屋根の上で烏川や南に広がる山々といった景色を眺めます。屋根の緑は夏には断熱材の役割もしてくれます。冬は薪ストーブで暖をとり、土間では身の廻りで採れる野菜や魚を料理します。そんな暮らしを送れる現代の住まいです。

所在地 玉村町 構造 木造在来軸組工法
敷地面積 189平米 施工 株式会社津久井工務店
延床面積 132平米

玄関から土間へのアプローチ

土間から
リビング方向を見る

リビングから土間方向を見る

草屋根の上にて

外観

素直な家

日本に建つということ、グローバルな視線で日本の街並みを考えた時にその場所にふさわしいものはどういったものなのか。またそれが現代の生活、価値観、または未来とどのように溶けこむのかを考え、住む方と共に自然に素直にそこに佇む姿をイメージし設計した住宅です。

所在地 前橋市 構造 木造在来軸組工法
敷地面積 397平米 施工 佐藤産業株式会社
延床面積 113平米

アプローチを見る

リビング内観

キッチンとダイニング

南庭よりリビングを見る