1. トップ>
  2. すみか建築家くらぶ>
  3. 田島 寛己・田島 花織

すみか建築家くらぶ

田島 寛己・田島 花織

土地の魅力を引き出し、外を中に取り込み、中が外に広がる。
“食べる”“寝る”“遊ぶ”“集う”そんな日常が、季節を感じながら、より豊かなものになることを大切に、設計をしています。

arc-d
一級建築士事務所

住所 太田市新島町309-1
TEL 0276-56-4187 URL http://www.arc-d.jp
FAX 0276-56-4197 E-mail arc-d@sunny.ocn.ne.jp
プロフィール

田島 寛己

1998年
東京理科大学理工学部建築学科卒業

田島 花織

1998年
昭和女子大学卒業 卒業設計賞
2004年
アークデザイン工房設立(2010年 arc-dに改称)
受賞歴
「ぐんまの家」設計・建設コンクール入賞/邑楽の家
「ぐんまの家」設計・建設コンクール入賞/成島の家
四国化成空間デザインコンテスト入賞/岩宿の家
伊勢崎市景観まちづくり賞受賞/MILY
掲載歴
LiVES / HOUSING / 群馬の家
放送歴
渡辺篤史の建もの探訪(テレビ朝日)
作品

「鹿のイエ」

国道50号沿いの三角形の土地。ビルトインガレージを持つ家で、騒音やプライバシーの確保を考え車の出入り場所や、日中長く居るリビングなどは、国道からなるべく距離をとりたいと考えた。
土地の形に合わせるように、Aの字のプランで、東西立面は単純な小屋形とし、工場や農業施設を彷彿させ地域になじむようにしている。南に向いて日差しをより多く取り入れるように開き、開放感を出しているが、両サイドに突き出したボリュームがプライバシーを守り、開きにフタをするように国道に沿ってRCの壁と、砕石の小山の重量感で持ってそれを強めている。
それらの強い素材で守られた内側は、樹木や芝山などの柔らかい素材で彩られ、開放感を持った気持ちのよい空間となっている。この土地と家で、余白を持ち、閉塞することなく、のびのび暮らしていただけることを願う。

所在地 群馬県みどり市 構造 木造在来工法
敷地面積 508平米 施工 株式会社オムニバス
延床面積 179.95平米

吹き抜けと廻り

「相生の家」

敷地は南東から北西へと道路に対して奥へと細長く、西から北へと敷地を半分取り囲むような形で道路と新規住宅分譲が計画されていた。
周囲の状況が変わっていく中で、プライバシーを確保しつつ、光や風などの住環境が整うよう計画を考えた。細長い敷地の中で、将来的な活用を考え建物を既存の道路に対し奥へと配置した。建物より少し離れた所を駐車場とし、アプローチと庭を計画。長めのアプローチは木々の中を抜け、建物中心へと至る。
建物は周囲からの視線に配慮しコの字型とし、開いた一辺から庭とアプローチを建物内側へと導きいれている。日差しを考え南西側のボリュームは水廻りで低く抑え、2階は北側の山々を眺めつつ、1.5階のリビング空間が2階のプライバシーを確保している。大中小のボリュームの配列により光や景色、視線をコントロールし内部の奥まで届く光を導き、奥まった空間を明るくゆとりのある場としている。周囲を気にし、内側にこもるのではなく、開いたアプローチや庭から家族の明るさが道路や町ににじみ出て行くような家になればと思う。

所在地 群馬県桐生市 構造 木造在来工法
敷地面積 599.89平米 施工 株式会社オムニバス
延床面積 125.52平米