1. トップ>
  2. すみか建築家くらぶ>
  3. 徳井 正樹

すみか建築家くらぶ

徳井 正樹

「家は家族時間の貯金箱」だと考えます。住宅を専門に32年、建て主らしいテーマを持った家を建ててきました。高崎観音山陵に自宅を構え22年目。自分の考えた空間に暮らす事は、我が子の成績表を見るようですが、日々の暮らしの瞬間がヒントとなり、計画案に生かしています。「群馬の家景色を美しくしていく!」のが私の夢仕事です。

徳井正樹建築研究室
住所 高崎市石原町3124-3
TEL 050-3418-5959 URL http://www.tokui.com
FAX 050-3409-5693 E-mail tokui@tokui.com
プロフィール
1959年
桐生市出身。住宅専門アトリエを開設し32年。
1993年
「吉岡賞」を受賞(建築界の新人建築家登竜門) 
1996年
「高崎1日家づくり学校」 (開講21年)建築家の自宅を公開
2003年~
「甍賞金賞」「国交省大臣賞」「都市景観賞」等、受賞多数
2009年
著書「風土素材の源流を歩け」刊行
2013年
東京都文京区に「湯島デスク」を開設
作品

居間より薪ストーブを見る

薮内の家
薪ストーブの熱を活かしきる

薪ストーブの専門家である建主と、住宅設計30年の設計者のタッグマッチ。薮内の家は知恵絞りのプロ対決で実現しました。ストーブ背面のRC壁は薪が放った余熱を夜間じんわりと放出して家族を温めます。素材の本質を見定められる建主との家づくりは設計者にとって垂涎の環境。漆喰の壁、10種類を数える木材を適材適所に多用し、10年20年と味わい増す家に造りこみました。

所在地 高崎市 構造 在来木造2階建て
敷地面積 731平米 施工 株式会社
津久井工務店
延床面積 119平米

食堂より和室を臨む

食堂より居間、玄関の見通し

子供室より居間の吹抜けを臨む

薪が積まれた南面外観

広い南間口が分かる玄関前からの外観

南間口の家
両手で日差しを掴む家

南間口を広い敷地を活かし、東に居間食堂、西に主寝室と、両手いっぱい差し込む光に包まれる暮らしを手に入れました。南に向いて居間の中央にキッチンを置き家族を見渡しながらの調理と食卓。一方、二階寝室は玄関ホールからの間接光で落ち着いた居心地を実現。子供室の勉強机前の小窓を開ければ、居間と会話も可能。家族の距離を程よく絡めた家となりました。

所在地 群馬県前橋市 構造 在来木造2階建て
敷地面積 370平米 施工 株式会社 数寄屋建設
延床面積 126平米

居間・食堂・台所と一室で繋がる

玄関ホールから2階へ続く階段

柔らかい曲面天井の2階寝室

2階子供室から書斎を臨む