1. トップ>
  2. すみか建築家くらぶ>
  3. 田村 洋一

すみか建築家くらぶ

田村 洋一

時を重ねるごとに愛着を持てる素材を用い、20年30年後も健康で心地よいと感じる住まいを建て主と共に造り上げていきます。ライフスタイルや心地よく感じる空間は十人十色です。自分らしい住宅のアイデアは建て主の中にあります。多くのアイデアを引き出し、建て主本位の住まいであることを心がけています。

田村建築設計工房

住所 渋川市行幸田3216-2
TEL 0279-23-2790 URL http://www12.plala.or.jp/tam-kobo/
FAX 0279-23-2796 E-mail tam-kobo@khaki.plala.or.jp
プロフィール
2011年
「ぐんまの家設計コンクール」最優秀賞/まちの家
2013年
「ぐんまの家設計コンクール」省エネ住宅賞/陽ごこちの家、まちなか住宅賞/薪ストーブの家
2014年
「ぐんまの家設計コンクール」優良賞/広い間の家
2015年
「ぐんまの家設計コンクール」子育て住宅賞/Lがつなぐ家
2017年
「ぐんまの家設計コンクール」ファミリー住宅賞/大きな輪の家
作品

街並みをつくるシンプルな外観

高床の家
市街地で開放的に暮らす

住宅街でも開放的な生活を送れるよう、床の高さを前面道路から約1.4mに設定することで周囲と高低差を生み、視線がずれることで周囲とのつながりを得ながらも開放的な暮らしができるように計画しました。大開口の木製サッシや薪ストーブ等も特徴なシンプルなライフスタイルの住宅となるように計画した。

所在地 高崎市 構造 木造平屋建て
敷地面積 381.53平米 施工 分離発注
延床面積 115.9平米

薪ストーブを中心とした生活空間

高床とすることで
開放的に暮らすことができる

深い軒で日射をコントロールする

家族みんなでつかうオリジナルキッチン

一枚屋根のスッキリとした外観

長屋根の家
1枚の屋根の下で

1枚の長屋根が建て主家族の個性やライフスタイルを包み込み、様々な出来事を引き起こすような住宅を目指しました。畳コーナー、書斎スペース、吹抜けで連続するスタディコーナー、回遊性のある水回りを計画することで空間にアクセントを持たせ、それぞれが建て主の日常をサポートし、多様性のある生活を引き起こします。

所在地 高崎市 構造 木造2階建て
敷地面積 399.34平米 施工 分離発注
延床面積 122.55平米

深い軒により夏季の日射を遮る

庭やテラスに開放的なリビング

吹抜けで上下階が連続する

リビングの一角のタタミコーナー